キヤノンのRF超望遠レンズをイッキ撮り

344,01000160DSCF5089
今のところ、キヤノンRFレンズラインにおける超望遠レンズは

・RF800mm F11 IS STM
・RF600mm F11 IS STM
・RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

の三本です。
143,260320DSCF4137
レンズリュックに仲良く収まる(笑)
コンパクト万歳な瞬間。


これにEFレンズの最高峰EF600mm F4L IS III USMを加えて比較してみることにしました。
142,8500320DSCF4117
それにしてもEF600mmはデカい。威風堂々。
EF帝国皇帝ロクヨン三世といった雰囲気。

初代皇帝はその巨体もさることながら、体重も5360gとスーパーヘビー級。

三世陛下におかれましては極限レベルのダイエットに挑み
ついに3050gを達成されたのであります。

鳥友のみなさんに持って貰ったんですが、その軽さに驚いていました。
F9A1502.jpg
僕があれこれ語るよりサンプルを見てもらう方がイイ。
まずは50m離れたトビを撮り較べ。

EF600mm F4L IS III USM 絞りF4 2回クリックで等倍
6004,01002000

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM F7.1 絞りF7.1
5007,14003200

RF600mm F11 IS STM (このレンズは絞りが無いのでF11)
600114001250.jpg

RF800mm F11 IS STM(同様にF11)
800114001250.jpg
ISO400で揃えてます。(ロクヨンだけ設定ミスでISO100)
以下、作例はなるべく同条件で撮ってあります。

各画像再圧縮のみトリミング映像であります。
意外と600と800のSTM足軽軍団が健闘しております。

近くで切れるのはすでに証明されてるけど、50mでも意外と頑張るね。

さらに遠くして100mくらいのトビを狙ってみる。ISO500で揃えた。
F9A1964.jpg

EF600mm F4L IS III USM  絞りF5.6
6005,650040000F9A2342

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM F7.1 絞りF7.1
5007,150032000F9A2219

RF600mm F11 IS STM 
6001150012500F9A1964_20201118164726d0b.jpg

RF800mm F11 IS STM 
8001150012500F9A2014_20201118164725d64.jpg
いやあ、ロクヨンはさすがの切れ味。こういうトコロで値段の差が出るねえ。
陛下、お見事でございます…。

さてここからは順不同にサンプルを並べてみよう。
竹林にモズが止まった。
5007,120010000F9A8032
EF600mm F4L IS III USM ISO125 F5.6
6005,612532000F9A9464

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM ISO200 F7.1
0F9A80322007,110005001
これは両者とも素晴らしい解像ですね。

超至近のカワセミ。差が出るかな…?
EF600mm F4L IS III USM  ISO125 F4
6004,01254000F9A9203

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM 
202009071000253c6_2020111819052071b.jpg

RF600mm F11 IS STM  ISO500
600115001000F9A6133.jpg

RF800mm F11 IS STM   ISO400
800114002000F9A0927.jpg
条件がばらばらなので、参考程度ですけど
まあ、どれも素晴らしい感じですよ。

正直、価格差を凌駕できるほどの差があるとは思えません。
ただ、被写体が動き出すと、まるっきり様相が変わるのよね。

少し長くなったので、次回の動体撮影編に続きます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

おはようございます

panoramaセンセ!、これは素晴らしい~♪、皇帝EF600mmF4三世登場ですね~!
お値段は群を抜く160万円くらいだったでしょうか.....。購入の対象外のためお値段を正確に覚えていません(-_-;)💦

お値段が1/10以下のRF600mmF11、RF800mmF11がよく健闘しているように思えますが、肝心のダイビングは雲泥の差でしょうね....。

R6の場合は薄暗いシーンの明暗差が大きい水際ではAFが明後日の方へ飛んでしまい川面にもカワセミにもピントが合わず照準器での連写は20枚程度の真っ白なボケ写真しか得られません。
 
Canonの相談室へ苦情を言いカワセミダイビングの推奨設定を訊いてましたが埒が明かず最後に言われたのは水際のキラキラでAFが合わなくなるのはミラーレスの仕様だそうで撮るなら一眼レフ使用を推奨されてしまいました💦

Re: おはようございます

yukun2008さん

R5もまるっきり同じですよ~。ミサゴ撮りでは大チャンスを続けて逃し
レンズごと川に叩き込んでやろうかと思いました(怒)
ちゃんと追っているのに、ズバッとアウトフォーカスになったまま
戻ってこないんですよね。全画面AF以外では、空抜けの単純な被写体でも
抜けるんで、どうにもなりません。マジに悪夢です。
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMの手持ちが一番マトモに動作する気がします。

No title

センセ、こんにちは。
単に私の「感じ」だけではありますが・・・
やはりロクヨン、他を寄せ付けぬ解像力。
そしてビックリしたのが、800mmF11が予想以上に健闘していること!
F11まで絞られているということもあるでしょうが、600mmF11とは随分と差があるように思いました。
フィールド内(15m内)の距離では、さすがにどのレンズも大差無い高画質を作り出していますね。
ということで、至近距離のみでの撮影であれば、600mmF11という選択も有りかもしれません。

Re: No title

だっくさん

こんにちは。RF800mm F11 IS STMはかなりオトクなレンズだと僕も感じます。
キレっぷりが半端じゃないですよね。これぞ価格破壊…。
しかし、相手が動き出すと超メロメロになるんですよ~。
これはどうにもならないです。ホントは切れるんだけど、序列化のために
わざとそうしてるんじゃないかという変貌ぶり(笑)
ま、そこはやっぱり値段なりなんですね。

こんばんは、センセ

>レンズごと川に叩き込んでやろうかと思いました(怒)
ハハハハ~温厚なセンセが言うから面白いですね~
先日、ロクヨンの下部のネジが緩んでいたので運台の上で
ネジをコインで絞めて居たら、D氏から「ホラホラそんな事やってるから~」
と指導が入りました~でも今のロクヨンもD6も落として無いんですけど~
そのネジの締め方~いかにも戦場カメラマンらしくて良いでしょう?
レンズは止まりもんならRF800mm飛びものだったら
キャノンのロクヨンにとどめを刺すって~所でしょうかね。

No title

パノラマセンセイ、こんばんは
貴重な比較レビューですね^^
RF800を悩んでいる方が読めば即買いでしょう~
しかし動体が何故??なんでしょうね
やはりカメラ本体の動体追尾AF性能の問題なのかも??
FR800にアタッチメントを付け1DXなら撮れるんでしょうか、
動体のレビュー楽しみです^^

Re: こんばんは、センセ

TKNさん

わがフィールドで不用意なメンテを行うと、すぐ教官から
叱責の言葉が飛んできます。
まごまごしていると、教官みずから直してくれる(笑)
僕はレンズ落下を何度か経験しているので、そのたびに
ハッとさせられます。ありがたや…。
実際落とすと、かなり精神的に来ますよ~。
RF800は良いレンズですけど、白兵戦用ですね。

Re: No title

ASKさん

ネットの比較サイトに載った作例をみて、RF600のほうが画質がいい、
買うなら600という意見が多かったんですけど、鳥撮りの現場では同じ絞りなら
800一択という意見が圧倒的。面白いものです。僕もRF800mm F11 IS STM推しですね。
しかしいざ被写体が動き出すと…。

初めまして

R5にRF100-500とRF800を使っておりますが、背景に明るい部分があるとAF迷子状態です。
久しぶりに1DX3+ヨンヨン2+x1.4使ったら心地よい。

RF800を選んだのは、RF100-500と100mmしか違わないです。
RF100-400が先に発売されていたらRF600にしていたかもしれません。

Re: 初めまして

ankoさん

こんにちは、初めまして。コメントありがとうございます。
背景に明るいところ…というのがとても気になります。空抜けの状態
ということですかね?全画面ないし、ゾーンAF以外ではバシバシAFは抜けて
ファインダ全体がぼんやりというのは良く経験しますね。
止まりモノは、AFは中央一点、飛びモノはゾーンでもっぱら追っていますが
まだこなれていない感じがあります。

Re: 初めまして

>背景に明るいところ…というのがとても気になります。
>空抜けの状態ということですかね?

今のところ、追尾優先AF(動物優先)を主に使っています。
一部が逆光・空抜け状態の時にAFが迷うと感じています。


>止まりモノは、AFは中央一点、飛びモノはゾーンでもっぱら
>追っていますがまだこなれていない感じがあります。

ファームウェアのアップデートで良くなることを期待していますが、
最終的にはレフ機のAFと同じく横線・クロス測距が可能な機種待ち
でしょうか。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

最新記事

なんでも東京ドームと比べるのはどうなのよ Feb 27, 2024
α9Ⅲ 驚異のAF性能 Feb 21, 2024
褒めよ讃えよOM-1 Feb 19, 2024
動体視力はα1を超えているかも・・・。 Feb 13, 2024
時計は買わない。つけない。 Feb 09, 2024

カテゴリ

since 2010.3

panoramaheadの蔵 お客様

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR